新車値引き交渉 成功への手引き

新車値引き交渉成功への手引き Home

新車の値引き交渉は上手くいきそうですか?

車は住宅の次に高い買い物です。値引き交渉しだいで支払額に数十万円の差がつくこともあります。となると、新車の値引き交渉では絶対に失敗したくないですよね。

ところが実際には「商談してみたけどネットや雑誌の情報ほど値引きは出てこない」、「どうも勝手がわからない」、「交渉事はあまり得意ではない」などなど、なかなか思い通りにいかないことも。

もしも現時点でそのように苦戦していたとしても大丈夫!挽回の余地はまだ十分にあります。

このサイトでは新車値引き交渉を仕切りなおして、成功に導くための情報をご提供いたします。

新車値引きは不公平?!【メーカー・車種別】攻略方法

ネットや雑誌の値引き目標情報に比べると、あなたの新車見積りの値引きは少なくないですか?

あなたが買おうとしているのと同じ車を、他の多くの購入者がもっと安く手に入れているとしたら不公平ですよね。

そんな不公平感を解消するための新車値引き交渉攻略方法を、車種ごとに詳しくご紹介しますので、ぜひご覧ください。

【トヨタ】新車値引き交渉 攻略法

 

【ホンダ】新車値引き交渉 攻略法

 

【日産】新車値引き交渉 攻略法

 

【マツダ】新車値引き交渉 攻略法

 

【スバル】新車値引き交渉 攻略法

 

【三菱】新車値引き交渉 攻略法

 

【スズキ】新車値引き交渉 攻略法

 

【ダイハツ】新車値引き交渉 攻略法

 

 

新車値引き交渉の成功に必要な5つのポイント

交渉ごとは難しいとか苦手だと思っていませんか?新車ディーラーのセールス担当の営業トークに言いくるめられないか心配ですか?

実は、要所さえおさえれば、新車値引き交渉は思っていたよりも簡単かもしれません。

新車値引き交渉を成功させるためのポイントを以下の5つにまとめてみました。あなたの新車値引き交渉にお役立てください。

  • 譲ることで得るのが交渉
  • 損得勘定が基本
  • 情報は使えて何ぼ
  • 時間に振り回されない
  • 交渉相手に依存したら負け

譲ることで得るのが交渉

「譲るなんてとんでもない!交渉成功とは100%こちらの要求を飲ませることだ」と思われているかもしれません。しかし、それでは値引きを増やすのは難しいでしょう。

なぜなら、相手にも売る売らないの自由があるからです。お互いに条件を合わせようとしなければ、結局、話がまとまらずに平行線で終わってしまうでしょう。

もちろん譲ると言っても、あなたにとって優先度の高いものまで譲る必要はありません。しかし優先度の低いものは譲っても良いのです。その替わりに優先度の高いものを譲ってもらえれば、お互いに満足できるはずです。

こちらにとって優先度の高いものが相手にとっても優先度が高いとは限りませんし、その逆もしかりです。それぞれ妥協できる点を探るのが交渉なのです。

交渉とはお互い納得できる点を探すこと

たとえば、ナビやフロアマットの純正品は価格が高く、社外品(市販品)は安いです。だからといって最初から車両本体だけを安く売ってほしいとディーラーに要求しても、うまくいかないことが多いです。

というのも、ディーラーは車両本体だけでなく、ある程度のオプション・付属品を合わせて売ることで商売が成り立っているからです。

こちらとしては、価格が高いのがダメなのであって、ディーラーオプションそのものがダメというわけではありません。社外品の価格近くまで値引きしてくれるならOKですし、ディーラーとしてもそれが許容できる範囲なら話がまとまります。

損得勘定が基本

ディーラーを何度も訪れて担当者と顔なじみになれば、こちらの気持ちが通じて値引きを増やしてくれる。

そんな通説もありますが、おそらく同じことをやってもうまくいかないでしょう。

新車ディーラーは企業です。ですので利益を最大化しようと損得勘定(経済原理)に忠実に行動します

ディーラーは経済原理で動く

ディーラー担当者が愛想よくしてくれるのは、あなたの予算や要望をうまく聞き出し、商談を円滑に進めるためなのです。そんな相手に対して横柄になるのは良くありませんが、友達のように親しくなる必要はありません。

むしろ、重要なのは相手の損得勘定を上手く利用することです。

ディーラーにとっては、値引きゼロでいくらでも新車が売れるのが理想です。しかし、実際には値引きしないと売上台数が増えないことを知っています。

ディーラーは、最も利益を出すには値引きをどのくらいにしたらよいのかを探っています。あなたが値引き交渉に成功するチャンスはそこにあるのです。

情報は使えて何ぼ

今の時代、何事においても情報は重要です。

新車の値引き情報を発信する雑誌やウェブサイトはいくつもありますし、人伝えに入手した値引き情報もあるかもしれません。そういった情報が全くないよりはある方が良いでしょう。

だからと言って、値引き情報をどれだけたくさん知っているかで、あなたの値引き額が決まるわけではありません

情報は多ければ良いってわけじゃない!

要は、手に入れた情報をあなたの値引き交渉にうまく使うことが大事なのです。

あなたの知人・友人、ましてや見ず知らずの他人がどれだけ値引きを獲得したかを知っていても、ディーラーは値引きを増やしてくれません。

しかし、競合車のディーラーがあなたにどれだけ値引きしてくれるか分かっていれば、それを材料に本命車のディーラーに値引きを上乗せしてもらうのは比較的かんたんです。

時間に振り回されない

時間も値引き交渉には重要な要素です。

時間を味方にしよう!

たとえば車検。今乗っている車を次の車検ぎりぎりまで乗ってから買い替えれば、確かに効率は良いです。しかし、納車日を間に合わせるのに余裕がなくなってしまい、値引き額で妥協しなくてはならなることも考えられます。

車検前に乗り替えるなら、商談は少し早めに始めるのが良いです。

期限があるという点では、期末やボーナス時期のキャンペーン期間も同じですね。車検の場合と違うのは、ディーラー側にも期限があるという点です。

こういったセールス期間は、普段よりも値引きが多く出ると言われています。だからといって「キャンペーンが終わる前に買わないといけない」と焦る必要はありません。

ディーラー担当者の方も「終わる前に何とかもう1台売りたい」と思っているのです。値引きを多めに引き出すチャンスと考えれば、心理的に優位に立てます。

交渉相手に依存したら負け

あなたがどうしても欲しい車があるとしても、その本命車のディーラー1店とだけしか商談しないと、値引きはあまり期待できません。

その車を気に入っている人にこそ値引きして欲しいところですが、実際にはその逆。ディーラーからしてみれば、他に取られる心配が無いので値引きを増やす必要が無いのです。

本命車が決まっていても、ライバル車とどちらにするか迷っているふりをするのが値引き交渉の鉄則です。車種によっては、同じ車を別系列(別資本)のディーラーどうしで競合させることもできます。

複数の選択肢は交渉に不可欠

買うならそこしかないというのは、ある種の依存関係です。依存している先の相手とは交渉で勝負になりません

また、ディーラー1社としか話をしていないと、情報も依存することになります。そうなると客観的に比較・判断することが難しくなり、ますます値引きは抑えられてしまいます。

当サイトでは、以上5つの値引き交渉のポイントについて具体的な方法をお伝えしていきます。

注目記事

 

車査定サービスのご紹介

ディーラーとの商談では、車両やオプションの値引きばかりに目が行きがちです。しかし、値引き交渉が本当に成功したかどうかは、下取り車の査定も含めてトータルで評価するべきです。

値引き額が多く見えたとしても、実は下取りが相場より安くて、その分を値引きに回しているのかもしれませんし、そうでないかもしれません。

ディーラーの下取り査定額が本当に高いのか、満足して良いのか、実のところは他と比較して見ないと分かりません。インターネットの車査定サービスを使って、最高額査定を狙うことをおススメします。

もっと詳しく車査定サービスの詳細についてはこちらのページで説明しています。

ナビクル車査定

ナビクル車査定の無料一括査定で差がつく理由

  • 査定額がディーラー下取りより平均18万円高い!
  • 最大10社の買取店から最高額査定を選べる
  • 車一括査定サービスシェアNo.1

話がうますぎて怪しい?いいえ、運営は東証一部上場企業グループ!

60万円以上の差がつくことも!詳しくは下のボタンをクリック

ユーカーパック

ユーカーパックは楽して得するオークション方式です

  • 最大5000社以上の公開入札で競り上がる
  • 査定は1回だけ電話窓口はユーカーパックに1本化
  • 車の引き渡しは入金確認後なので安心!

効率良く安心して高く愛車を売りたいあなたにおススメします

査定料はもちろん無料!詳しくは下のボタンをクリック

車査定・買取の窓口

車査定・買取の窓口なら誰でも愛車の高額査定を狙える!

  • あなたに代わって最高額の買取会社を厳選
  • 対応するのは選ばれた1社だけ!査定は1回きり
  • 電話が集中することはありません

時間がない、車に詳しくない、でも高く売りたい人向け

査定料完全無料!詳細は下のボタンをクリック