ホンダ フリードのライバル車 - 競合でもっと安く!

ホンダ フリードとライバル車を同じ価格帯のグレードどうしで徹底比較!値引き交渉の材料となるポイントを洗い出します。価格帯別のライバル車グレードもご紹介します。

フリードの値引き交渉の手札となるライバル車はコレ!

ライバル車は同じカテゴリーから選ぶのが定石です。フリードのカテゴリーは

  • コンパクトミニバン

です。2列車の場合は

  • トールワゴン

とも競合します。コンパクトミニバン、トールワゴンには以下のような車種があります。

3列(シート)車のコンパクトミニバンの競合は、フリードも含めて次の二択と言ってよいでしょう。

2列車のフリードプラスに対しては、シエンタ(FUNBASE)の他にも、低価格グレードではトールワゴンのソリオ  も競合可能です。

ソリオのライバル車としてはタンク/ルーミーがよく挙げられますが、フリードプラスとの競合は難しいです。これは、2019年のマイナーチェンジでフリードプラスの最安グレードBがなくなり、タンク/ルーミーの上位グレードとも価格帯が合わなくなったためです。

ここからは3列車に対象を絞って、フリードとシエンタとの競合についてご紹介していきます。

info競合させて値引き交渉に成功すればどのくらいの値引きになるのか、今月のフリードの値引き目標を一度確認しておいてください。

フリードとライバル車、競合させるなら同じ価格帯のグレードどうしで

値引き交渉で効果が高いのは、同じ価格帯のライバル車です。ここでは本命とライバル車、それぞれ以下の7人乗り2WDハイブリッド車グレードどうしを比較します。

(表が右にはみ出す場合は、横にスクロールするか、スマートフォンを横向きすると表示されます。)
フリードシエンタ
グレードHYBRID G・Honda SENSING (FF/7人乗り)G Cuero (ハイブリッド車)
車両本体2,583,9002,579,500
先進安全装備標準装備標準装備
ナビレディPKG標準装備51,700
ナビ147,510149,600
ナビ連動ETC車載器標準装備17,600
環境性能割00
重量税00
グリーン化特例(翌年)-25,500-25,500
合計¥2,708,910
¥2,775,900

注意価格はすべて消費税込みです。また、この表は金額差の主な要因を比較するためのものです。実際には上記の合計金額以外に、諸費用等がかかります。

この後、以下についての主要項目をピックアップして、詳しくライバル比較していきます。MOPはメーカーオプション、DOPはディーラーオプションの略です。

  • 燃費・走行性能
  • サイズ・重量
  • 先進安全装置 & エアバッグ
  • 純正ナビシステム
  • ユーティリティ・快適装備・内外装

フリードとライバル車の比較(1) ~ 燃費・走行性能

(表が右にはみ出す場合は、横にスクロールするか、スマートフォンを横向きすると表示されます。)
フリードシエンタ
グレードHYBRID G・Honda SENSING (FF/7人乗り)G Cuero (ハイブリッド車)
エコカー減税 取得税100%免税100%免税
エコカー減税 重量税100%免税100%免税
自動車グリーン税制概ね75%軽減概ね75%軽減
駆動方式2WD(FF)2WD(FF)
排気量[cc]1,4961,496
過給/HVハイブリッドハイブリッド
燃費JC08[L/km]26.628.8
エンジン最大出力[PS/rpm]110/600074/4800
エンジン最大トルク[kg・m/rpm]13.7/500011.3/3600~4400
モーター最大出力[PS/rpm]29.5/1313~200061
モーター最大トルク[kg・m/rpm]16.3/0~131317.2

同じハイブリッドですが、エンジン/モーターの配分と燃費に違いがあります。

シエンタのハイブリッドは、モーターの配分がより大きく、低速でのパワーやトルクでフリードのハイブリッドを上回っています。逆にフリードのハイブリッドは、エンジンの配分がより大きく、シエンタのハイブリッドよりも高速での伸びが期待できます。

燃費性能では、シエンタのハイブリッドがフリードのハイブリッドを上回っています。

フリードとライバル車の比較(2) ~ サイズ・重量

(表が右にはみ出す場合は、横にスクロールするか、スマートフォンを横向きすると表示されます。)
フリードシエンタ
グレードHYBRID G・Honda SENSING
(FF/7人乗り)
G Cuero (ハイブリッド車)
全長[mm]4,2654,260
全幅[mm]1,6951,695
全高[mm]1,7101,675
ホイールベース[mm]2,7402,750
最低地上高[mm]135145
最小回転半径[m]5.25.2
室内長[mm]3,0452,535
室内幅[mm]1,4551,470
室内高[mm]1,2751,280
車両重量[kg]1,4301,380
乗車定員[人]77

全長ではフリードとシエンタの差は3cmほどですが、室内長では50cm以上もフリードの方が長いのです。この差は特に3列目シートのゆとりに効いてきます。(フリード室内空間 )

室内幅と室内高では、シエンタの方がほんの少し上回っていますが、室内長の違いに比べると誤差範囲と言えるでしょう。

フリードとライバル車の比較(3) ~ 先進安全装置 & エアバッグ

(表が右にはみ出す場合は、横にスクロールするか、スマートフォンを横向きすると表示されます。)
フリードシエンタ
グレードHYBRID G・Honda SENSING
(FF/7人乗り)
G Cuero (ハイブリッド車)
先進安全装備Honda SENSINGToyota Safety Sense
方式カメラ+ミリ波レーダーカメラ+レーザーレーダー
標準/オプション標準標準
歩行者検知◎(歩行者事故低減ステアリング)
踏み間違防止アシスト標準 前後方標準(インテリジェントクリアランスソナー) 前後方
車線逸脱警報&車線維持支援警報
クルーズコントロール◎(アダプティブ)
SRSサイド・カーテンエアバックシステムMOPMOP

シエンタのToyota Safety SENSE は、マイナーチェンジ後、自動ブレーキが歩行者検知に効くようになりました。Gクエロには速度固定タイプのオートクルーズが標準装備されています。

一方、フリード搭載のHonda SENSING は、歩行者に対しては自動ブレーキだけでなく、ステアリングの事故低減アシスト機能が働きます。

また、フリードのクルーズコントロールは前車追従(アダプティブ)、車線維持では警報だけでなくアシスト機能が加わります。

先進安全装備では、全体的にフリードの方がシエンタよりも充実していると言えるでしょう。

フリードとライバル車の比較(4) ~ 純正ナビシステム

(表が右にはみ出す場合は、横にスクロールするか、スマートフォンを横向きすると表示されます。)
フリードシエンタ
グレードHYBRID G・Honda SENSING
(FF/7人乗り)
G Cuero (ハイブリッド車)
ナビDOPスタンダードナビ 147,510円他DOP T-Connectナビ 149,600円他
ナビレディPKG/ナビ装着PKG標準(リアワイドカメラ、ナビ・オーディオ・リモコン、ナビ連動ETC他)MOP(パノラミックビューモニター、ステアリングスイッチ、ドアミラーヒーター)
ETC車載器DOP 17,600円(ナビ連動)他
パノラミックビュー(全方位モニター)MOP
スピーカー数66

純正ナビ単体では、フリードとライバル車シエンタでほぼ同じ価格となっています。

しかし、フリードはナビ装着スペシャルパッケージ(バックカメラ、ETC)が標準装備なのに対し、シエンタのナビレディPKGとETCはオプション扱いです。

なお、シエンタGクエロのナビレディPKGのカメラはより高機能のパノラミックビュー(全方位)となります(¥50,760)。低価格のバックカメラのナビレディPKG(35,640)もありますが、Gクエロでは選択不可となっています。

社外品ナビナビは純正品だけではありません。フリードの社外品ナビについて別のページで詳しくご案内しています。もっとお得になる可能性大です!

フリードとライバル車の比較(5) ~ ユーティリティ・快適装備・内外装

(表が右にはみ出す場合は、横にスクロールするか、スマートフォンを横向きすると表示されます。)
フリードシエンタ
グレードHYBRID G・Honda SENSING
(FF/7人乗り)
G Cuero (ハイブリッド車)
ヘッドランプLEDLED
右側オートスライドドア標準標準
ステアリング本革巻き本革巻き
エアコンオートオート
シート表皮ファブリック(MOP:プライムスムー ス×ファブリック)合成皮革×スエード調
シートヒーターMOP 運転席・助手席
フロント・ウィンドウガラスハーフシェイド、UVカット(MOPで+IRカット)UVカット・グリーン・高遮音性
フロントドア・ウィンドウガラス高熱線吸収/UVカット機能(MOPでIRカット・スーパーUVカット)UVカット・グリーン(MOPでスーパーUVカット・IRカット・グリーン)
リヤドア、リヤクォーター&バックドア・ウィンドウガラス高熱線吸収・UVカット・プライバシーUVカット・プライバシー
サンシェイド/カーテンDOP サンシェイドDOP カーテン
充電用電源端子(USB)フロント用 2口、2列目シート1口(DOP)2個/センターロアパネル(標準)
標準ホイールサイズ185/60R15185/65R15
ホイール材質スチール(DOP アルミ)スチール

ここではライバル車との間にあまり大きな差はありません。

細かく見ると、標準状態ではシート表皮材質とUSB充電端子で、シエンタGクエロの方がフリードHYBRID G・Honda SENSINGよりも充実しています。

また、シートヒーターについては、シエンタGクエロはメーカーオプションで設定可能ですが、フリードHYBRID G・Honda SENSING(FF)では選択不可となっています。

infoライバル車との競合だけでなく、フリードどうしの競合、社外ナビ、社外フロアマットなどなど、フリードの値引き交渉にはまだまだ奥の手がありますよ。

ライバル車との違いをフリードの値引き交渉に活かすには

以上のように、同じカテゴリーのライバル車ですが「違い」があります。この「違い」が値引き交渉の材料になるのです

とりわけ競合車の長所がとても気になって悩んでいるのを印象づけるのがポイントです。

もちろん、ケチをつけるのはNGです。どちらの車にも良いところがあって選びかねている、どちらに転ぶか分からない。それを値引きで解決させるように誘導するのです。

たとえば、こんな感じです。

 

ディーラー
ディーラー

フリードはシエンタとは格が違います。シエンタはこんなに広くないでしょう?

ツトムさん
新車購入予定のツトムさん

実際3列目をそんなに使うことはないので、広さはあまり問題じゃないんですよ。むしろシエンタの方が燃費が良いのが気になりますね。

ディーラー
ディーラー

安全装備はどうですか?Honda SENSINGなら歩行者に衝突しないように自動ブレーキだけでなく、ステアリングも制御されますよ。それに高速の運転も楽になりますし。

ツトムさん
新車購入予定のツトムさん

ん~ん、ただシエンタはカメラをパノラミックビューにできるからなあ・・・。どっちも良いところがあって決められませんね。まあ、もちろんお値段次第なんですけど。

 

同じように、トヨタディーラーでシエンタの値引き交渉をするときは、フリードの良い点が気になって悩んでると訴えましょう。それぞれのディーラーから提示される値引き額がだんだんと増えるほど、あなたは交渉で有利になっていきます。

見落とし?新車の値引き交渉には力が入るのに下取り車の査定額はディーラーの言い値?もったいない

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの無料一括査定で差がつく理由

  • 査定額がディーラー下取りより平均18万円高い!
  • 最大10社の買取店から最高額査定を選べる
  • 車一括査定サービスシェアNo.1

話がうますぎて怪しい?いいえ、運営は東証一部上場企業グループ!

60万円以上の差がつくことも!詳しくは下のボタンをクリック

かんたん車査定ガイド公式サイト  かんたん車査定ガイドの詳細を知りたい 

フリードの価格帯別ライバル車グレード

競合させるライバル車はできるだけ価格の近いグレードが値引き交渉には有効です。

ここまでは、フリードHYBRID G・Honda SENSING(FF/7人乗り) について詳しくライバル車比較してきましたが、それ以外のグレードについても価格帯ごとに見てみましょう。

【3列・2WD(FF)】フリードのライバル車グレード

(表が右にはみ出す場合は、横にスクロールするか、スマートフォンを横向きすると表示されます。)

フリードとシエンタのハイブリッド車どうしの競合については、既に詳しくお伝えした通りですが、ガソリン車でも同じように競合が可能です。

ただし、270万円を超えるHYBRID CROSSTAR・Honda SENSINGと同じ価格帯には、ライバル車のシエンタはグレードを設定していません。このグレードを購入する予定なら、フリードどうしの競合(ホンダ vs ホンダの同士競合)をぜひご覧ください。

【3列・4WD】フリードのライバル車グレード

(表が右にはみ出す場合は、横にスクロールするか、スマートフォンを横向きすると表示されます。)
フリードシエンタ
190万円台 X (4WD)
¥1,994,300
220万円台 G (4WD)
¥2,202,200
G GRAMPER (4WD)
¥2,213,200
230万円~240万円前後G・Honda SENSING (4WD/6人乗り)
¥2,396,900
G Cuero (4WD)
¥2,357,300
G・Honda SENSING (4WD/7人乗り)
¥2,418,900
260万円~

CROSSTAR・Honda SENSING(4WD)
¥2,616,900
HYBRID G・Honda SENSING (4WD/6人乗り)
¥2,798,400
HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING (4WD)
¥3,018,400

ライバル車シエンタにはハイブリッド4WD車がありません。フリードのハイブリッド4WDを狙うなら、最初からフリードどうしの競合(ホンダ vs ホンダの同士競合)で攻めるのが良いでしょう。

【2列・2WD(FF)】フリードプラスのライバル車グレード

(表が右にはみ出す場合は、横にスクロールするか、スマートフォンを横向きすると表示されます。)
フリード+シエンタソリオタンク/ルーミー
140万~150万円台 G (2WD)
¥1,486,100
X (2WD)
¥1,490,500
X S (2WD)
¥1,556,500
170万円台 G X2
¥1,724,800
G (2WD)
¥1,716,000
HYBRID MX (2WD)
¥1,734,700
G Cozy Edition (2WD)
¥1,762,200
180万円台 FUNBASE X (ガソリン車)
¥1,809,500
G-T (2WD)
¥1,837,000
カスタム G (2WD)
¥1,870,000
190万円台 HYBRID MZ (2WD)
¥1,991,000
バンディット HYBRID MV (2WD)

1,980,000
200万円台 FUNBASE G (ガソリン車)
¥2,017,400
HYBRID SX (2WD)

2,057,000
カスタム G-T (2WD)
¥2,002,000
FUNBASE G GRAMPER (ガソリン車)
¥2,028,400
210万円台+G・Honda SENSING (FF)

¥2,182,400
FUNBASE X (ハイブリッド車)
¥2,227,500
バンディット HYBRID SV
¥2,208,800
220万~230万円台+CROSSTAR・Honda SENSING(FF)
¥2,402,400
FUNBASE G (ハイブリッド車)
¥2,383,700
HYBRID SZ (2WD)
¥2,219,800
FUNBASE G GRAMPER(ハイブリッド車)
¥2,394,700
250万円~+HYBRID G・Honda SENSING (FF)
¥2,583,900
+HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING (FF)
¥2,803,900

2列車(5人乗り)のフリード+(プラス)に対しては、シエンタの2列車FUNBASE(ファンベース)が競合します。

3列目シートが無い分だけ荷室が広く使え、さらに2列目シートを格納することで車中泊など多様な使い方が可能になります。(フリード荷室・収納 シエンタFUNBASE )

さらに2列車では、トールワゴンのソリオのハイブリッド上位グレード車と競合が可能です。(2019年のマイナーチェンジでフリードプラスのBグレードがなくなってしまったため、タンク/ルーミーとの競合は難しくなりました。)

室内長はフリード+に比べて短いですが天井は高く、フルフラットモードを含めたシートアレンジが楽しめます。(ソリオ収納スペース タンク室内アレンジ )

参考フリードのグレード別総額(乗り出し価格)イメージを別ページに記載しておりますので、ご参照ください。

【2列・4WD】フリードプラスのライバル車グレード

(表が右にはみ出す場合は、横にスクロールするか、スマートフォンを横向きすると表示されます。)
フリード+ソリオタンク/ルーミー
150万~160万円台 G (4WD)
¥1,614,800
X (4WD)
¥1,666,500
170万~190万円台 G X4
¥1,821,600
X S (4WD)
¥1,732,500
HYBRID MX (4WD)
¥1,863,400
G (4WD)
¥1,892,000
G Cozy Edition (2WD)

1,938,200
200万~210万円台 バンディット HYBRID MV (4WD)
¥2,108,700
カスタム G (4WD)

2,046,000
HYBRID MZ (4WD)
¥2,119,700
220万円~+G・Honda SENSING (4WD)
¥2,418,900
+CROSSTAR・Honda SENSING(4WD)
¥2,638,900
+HYBRID G・Honda SENSING (4WD)
¥2,820,400
+HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING (4WD)
¥3,040,400

シエンタの2列車FUNBASEは2WDのみのグレード設定となっており、4WD車はありません。また、ソリオやタンク、ルーミーの最上位グレードは2WDのみとなっています。

そのため、4WDではフリード+とライバル車に価格差が生じてしまい、競合させるのが難しいです。

4WDのフリード+を狙うなら、他メーカーのライバル車よりもフリード+どうしの競合(ホンダ vs ホンダの同士競合)に持ち込んだ方が良いでしょう。

補足:フリードのライバル車どうしでも競合

ライバル車の条件があまり良くならず、フリードと張り合うための手札として弱いときは、ライバル車どうしの競合を検討する必要があるかもしれません。

本命車のつもりで複数のディーラーを回れば、ライバル車の値引きが増えていくことが期待できます。回った数だけ、値引きの多いディーラーにめぐり合う可能性が上がります。それに、同士競合は売る商品が同じなので、値引き競争に持ち込みやすいのです。

一例として名古屋市(愛知県)を見てみましょう。

フリードのライバル車どうしの競合(1) シエンタ

シエンタトヨタ全店(トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)取り扱いです。

トヨタ店トヨペット店は名古屋市内に1社ずつあります

カローラ店(トヨタカローラ)は4社あります。同じカローラ店でもディーラーが別々の会社なら競合が可能です。

ネッツ店(ネッツトヨタ)は名古屋市内に6社あります。同じネッツ店でもディーラーが別々の会社なら競合が可能です。

以上、名古屋市内には全12社のトヨタディーラーがあり、その12社でシエンタどうしの競合が可能です。

あなたのお住まいの地域のトヨタディーラーを探すには、トヨタ自動車WEBサイト・販売店検索 を利用すると便利です。

シエンタシエンタの値引き交渉については別のページで詳しくご案内しています。

フリードのライバル車どうしの競合(2) タンク/ルーミー

タンクルーミーは兄弟車。外見は違っても中身は同じですので、お互いを競合させれば値引き勝負に持ち込みやすいです。

また、それぞれ複数の販売系列で取り扱っているので、タンクどうしやルーミーどうしの競合も可能です。タンクはトヨペット店とネッツ店、ルーミーはトヨタ店とカローラ店の取り扱いです。

トヨタのトールワゴンタンクの値引き交渉ルーミーの値引き交渉についてはそれぞれ別ページを設けて詳しくご案内しています。

フリードのライバル車どうしの競合(3) ソリオ

ソリオを取り扱うスズキディーラーは、同じ地域に複数の販売系列があることが多いです。同じスズキでも販売系列が別なら競合は可能です。

名古屋市内にはスズキディーラーが2系列あります。

お近くのスズキディーラーは、スズキ公式サイトの販売店検索ページ で探してみてください。

ソリオソリオの値引き交渉については別のページで詳しくご案内しています。

数で勝つたくさんのディーラーを回るほど値引きはアップが期待できますが、下取り車の査定も同じ。最大5000社の入札があれば査定もアップ!

ユーカーパック

ユーカーパックは楽して得するオークション方式です

  • 最大5000社以上の公開入札で競り上がる
  • 査定は1回だけ電話窓口はユーカーパックに1本化
  • 車の引き渡しは入金確認後なので安心!

効率良く安心して高く愛車を売りたいあなたにおススメします

査定料はもちろん無料!詳しくは下のボタンをクリック

ユーカーパック公式サイト  ユーカーパックの詳細を知りたい 

 

info当サイトは新車 値引き 情報の専門サイトです。